筆者のプロフィール

「膝が痛い…」それジャンパー膝かも?原因と対策、すぐに治る㊙︎治療法も!

スポーツ傷害
Pocket

こんにちは。バズ・ライティンガーです。

運動をした後に膝が痛くなることありませんか?

もしかしたら『ジャンパー膝』かもしれません。

ジャンパー膝って?

ジャンパー膝とは、膝のお皿である膝蓋骨と筋肉を繋ぐ腱(膝蓋腱)に負担がかかることによって痛みが発生するスポーツ傷害のことです。膝蓋腱炎とも言います。

膝蓋腱炎 – 社会医療法人松田整形外科記念病院

バレーやバスケなどジャンプをする機会が多く、膝に負担がかかる種目で多く見受けられたことからこの名前がついています。

症状

ジャンパー膝の症状は膝を曲げた時に痛みが出ることです。また着地などの衝撃でも痛みを感じることが多いです。

50代からの膝の痛み|つらい痛みをあきらめない!痛みの原因と対処法と ...

基本的に膝は伸ばしたままでないと痛みが出てしまうので、自転車を漕ぐ・腰掛けるなどの日常生活にも大きな支障をきたすことになります。

トイレで用を足す時も膝を曲げることができないため、壁に摑まりながら用を済ませなければならなくなります。

原因

この症状が出る一番の要因としては大腿四頭筋が硬くなり、膝蓋腱が引っ張られることによって炎症が生じることです。負荷の高い運動をした後にきちんをストレッチやマッサージを行わないと、筋肉が硬くなってしまい腱に負担をかけることに繋がっているのです。

対策

対策としてもっとも効果的なのは安静にすることです。

無茶をして動くのではなく、運動量を抑えて治癒に時間を費やすことが得策と言えるでしょう。

また、大腿四頭筋のストレッチを行うことも効果的です。凝り固まって腱を引っ張らないように普段から筋肉はほぐしておきましょう。

床に座って行うもも前(大腿四頭筋)のストレッチ

対策(特例)

今すぐに治したい!という人は”衝撃波治療”が効果的です。

インパクトのある治療法ですが、その名の通り膝の組織に衝撃波を当てて破壊し、痛みを感じる神経を破壊すると共に、超回復を促すというものです。

衝撃波治療は水分の多い筋肉や骨を通過して直接患部に当てることが出来る最新の治療法です。大掛かりな手術をすることなく治療出来るので注目されています。

フィジオ ショックマスター | 酒井医療株式会社

そんな衝撃波治療の欠点は激しい痛みを伴うということ。

衝撃波というくらいですから、生半可な痛みではありません。私は1度治療を受けたことがありますが、人生で1番痛かったですね。もう2度とやりたくありません。

大きな痛みを伴う衝撃波治療ですが、2ヶ月治らなかった痛みが1週間でなくなりました。効果はバツグンです。

最後に

膝が痛いなと感じたら、

  1. ストレッチを行う
  2. マッサージでほぐす
  3. 安静にする
  4. それでも治らなかったら衝撃波治療を受ける

この4ステップで完治することが出来ます。4番まで行かないことを祈ります。

読んでいただき、ありがとうございました。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました